レディー

社会に求められている仕事

男女

保育園だけが保育士の働く場所ではありません。今やフィールドも広がりをみせ、多くの知識や技術が必要な仕事になっています。学校もそれぞれカリキュラムに違いがあり、自分がどの様な子供のプロになるか選べるようになっています。

もっと詳しく

キャリアアップを目指す

スーツの男女

取得したいビジネス資格としては、中小企業診断士やTOEC、簿記などが人気の上位に入ることが多いです。しかし、資格を取得した後の満足度は、学んだ知識が仕事の役に立ったかどうかがポイントになるようです。取っただけで終わらないよう、仕事で使える資格を選びましょう。

もっと詳しく

最も人気の高い国家資格

男性

士業の仲間入りを果たす

宅建は正式には「宅地建物取引士」と言い、不動産取引のプロフェッショナルの証とも言うべき資格です。不動産には民法や業法をはじめ、さまざまな法律が関係しているため、その分野の法律的な知識が必要とされます。日本の主要企業で取得が奨励されている資格の一位が宅建士で、資格手当を出している企業も多いこともありますが、何より弁護士や行政書士と同じく「士業」の仲間入りを果たしたことも、人気に拍車をかけています。不動産業の事務所やモデルルームなどの営業所には、一定の数の専任の宅建士を置くことが法律で定められており、また宅建士でなければ重要事項の説明や、契約書への記名捺印といった重要な業務ができないため、特に優遇される資格にもなっています。

資格試験に合格するには

宅建士の資格試験に独学で合格するには、それなりの工夫とコツが必要です。なぜなら、専門学校では、試験範囲のなかでも特に出題傾向の高い問題だけをピンポイントで教えてくれるのに対して、独学の場合は市販のテキストに頼る必要があり、大半のテキストは、試験範囲を満遍なく網羅している場合がほとんどだからです。そのため、独学で要領よく試験に合格する第一歩は、とにかく過去問を何度も解いてみることに尽きます。そうすると、おのずと毎年のように問われている分野とそうでない分野があることが見えてきます。逆に言えば、独学するさいのテキストを選ぶ基準は、出題傾向の重要度をきちんと示しているものを購入する、ということになります。

豊富な知識とスキルを習得

学生

保育士大学に通えば、少しずつ保育の能力を高められるので資格取得や即戦力として働く事が可能です。その中でも現場を多く経験できる保育士大学を選択すれば、能力だけではなく経験値も養える為、優秀な人材として活躍できます。

もっと詳しく