キャリアアップを目指す|人気が高い宅建の資格は独学で取得できる|自分のペースで勉強しよう
女性

キャリアアップを目指す

スーツの男女

仕事で役に立つスキル

ビジネスの場で役に立つスキルを身につけたい。もしくは就職や独立する時のアピール材料となるものがほしい。ビジネス資格を取りたい目的は人それぞれです。会社から、業務に必要だから取得するように言われたというケースもあるでしょう。ビジネスに関連する資格といっても、国家資格から民間資格まで色々とあり、難易度も資格の内容によって異なります。ビジネス資格の取得を考える時には、資格を取ること自体が目的になってしまわないよう、「資格を取った先にあるもの」を考えることが大切です。人気があるからとか将来性がありそうという理由だけで選んでしまい、実際の仕事であまり役に立つことがなければ、満足度の低い結果になってしまいます。

種類と特徴

ビジネス資格の特徴は、仕事に直結していて、学んだ知識が実際の仕事に活かせることが多いということです。応用情報技術者であればIT系、宅地建物取引であれば不動産や建築系など、ある業界や職種だけに特化したものと、TOEICやTOEFLなどの英語系や簿記など、どの業界や職種でも役に立ちそうな汎用性のあるものがあります。難易度については、数年かけて勉強して、国家試験を受ける必要があるものから、数か月の勉強で取得できるものもあります。同じ資格でも簿記やTOEICのように級や点数でランク分けされているものもあります。簡単に取れてしまうようなものだと、まったく役に立たないわけではありませんが、就職や転職のアピール材料としては少し弱いかもしれません。