社会に求められている仕事|人気が高い宅建の資格は独学で取得できる|自分のペースで勉強しよう
女性

社会に求められている仕事

男女

目指せる分野に違いがある

保育士を目指す場合、専門学校や短大、大学といった教育機関に通う選択肢があります。どこを選んでも保育士資格を得られます。ただ、カリキュラムや他に取れる資格に差があります。専門学校は保育士になる事に焦点を当てた教育で、即戦力になれます。すぐに役立つ内容を集中して学べる事が特徴です。基本的に保育士資格しか得られません。目標が定まっているなら入りやすく就職しやすい専門学校を選択するとよいでしょう。保育士資格以外に幼稚園教諭の資格も考えているなら、短大や大学の選択になります。短大は専門学校と同じ2年制ですが、他の学科もあり保育士としてより高度な知識や技術を学べます。大学は短大より多くの資格が取れるチャンスがあり、小学校教諭の免許も学校により取得できます。子供のプロと言っても多くの働く分野があります。専門学校から大学で働き口の選択も違います。自分が保育士として働きたいのか、それとも子供のプロとして広く活躍したいのかなど、人によって違います。目標により学校を選択しないと、後からしたい事が見つかって後悔する事になりかねません。

社会に求められている仕事

保育士は常になりたい仕事の上位に挙げられています。未来を作る子供達の成長に多大な影響を与える仕事であり、成長を見守るやりがいある仕事だからです。現在保育園は幼稚園と保育園を併せた機能を有する総合子供園が増えています。よって保育士資格だけでなく、幼稚園教諭の免許も有している事が就職条件の保育園も増えています。幼稚園教諭は通信教育では取得不可能なので短大や大学を選ぶ人が増えています。それだけ保育士に社会が求める技能や知識が高まっている事になります。保育園だけではなく、企業の託児所やデパート・施設にもお預かりサービスをしている所も増えました。働く場所も増え、広がりを見せている分野である事から、なりたい仕事の上位になっているのです。